トップページ > 製品情報 > パワトレ > エンジンECU用ケース

エンジンECUケース

製品詳細

美野工業で薄肉製品の製造を行うきっかけとなった製品です。 従来は枠に基板を取り付け、両サイドから板金で締めるタイプの製品でしたが、片側だけダイカスト(ダイキャスト)成型を行い上から蓋をするタイプへ改良を行いました。

製品開発は80年代から継続して行われており、現在世界で一番流通しているエンジンECUケースですが、その使用頻度は減少しています。

製品サイズ

160x170x30(mm)