トップページ > 採用_先輩の声 > 技術系先輩の声 > 生産管理部 生産管理課:杉浦 雅哉

総合職 |  技術系

生産管理部 生産管理課 所属

2008 年度入社

岐阜大学 工学部 卒業

モノづくりには計画が大切!

美濃工業ってどんな会社

全ての業種に言えることかもしれませんが、一人一人が責任をもって仕事をしていることが魅力だと思います。
美濃工業で月に何千、何万と生産される製品のほとんどが自動車に取り付けられますが、そのうちの一つでも不良があれば、お客様や関係会社に多大なるご迷惑をかけてしまいます。最悪の場合、不良品が付いた車に乗っている方が事故で亡くなってしまう可能性もあります。
万が一にもそのような事態にならないように全社員が一丸となって自分の仕事に責任を持って仕事に取り組んで、皆が同じ目標に向かっているところが良い所だと思います。

社内の人間関係・雰囲気

自分の中の会社のイメージは、「部下は上司の言われたことを忠実に実行するもの」、「上司の意見は絶対である」、のような縦社会的な面が強いものだと思っていました。しかし、美濃工業は課長や部長など上司とも気軽に話が出来る環境があり、自分が思っていることを言いやすく、相談しやすい会社だと思います。困ったことがあれば気軽に相談でき、困っていれば上司の方から手を差し伸べてくれることが多く、仕事のしやすい環境だと思います。

仕事上で心がけていることは

社内には物を生産する部署、設備を作る部署、金型を設計する部署、物の運搬を担当する部署等様々な部署があり、それぞれの連携が取れて初めて物をお客様に納入することができます。
したがって、それぞれの部署が密に連携が取れるよう、出来るだけ早く情報展開をしたり、各部署が動きやすいように橋渡しをするなど、とにかく皆で情報を共有して何かあった時、スムーズに仕事ができるように細かなことでも連絡・報告をするように心がけています。