トップページ > 技術情報

より薄く、より軽く、より強く。美濃工業は主力のお客様である自動車部品メーカー様のニーズを汲み取り「薄肉化技術」、「ダウンサイジング技術」を生かしたダイカスト(ダイキャスト)製品形状を提案致します。
作業はコンセプトDRの参画から始まります。


受注したダイカスト(ダイキャスト)製品がイメージデザイン通りに成形できるか、軽量化と強度の兼ね合いはよいか、加工工程で不良品は出ないかなど、図面を前にお客様と打合わせを行います。


お客様から提示頂いた図面、コンセプトに対し、長年培われたダイカスト(ダイキャスト)のノウハウや湯流れシミュレーションなどを基に製品細部の作りこみを行います。


3Dシミュレーションを用い、加工時の問題点を洗い出します。
また、使用材料の評価や完成した試作品の寸法評価、工程能力調査の実施、生産ラインの最終確認を実施致します。

ダイカスト技術

加工技術


DR、製品形状検討、金型設計、加工検討などを経て、ダイカスト(ダイキャスト)製品の量産開始です。
美濃工業では肉厚1.0mm以下のケース類から複雑形状のギアボックスまで多品種のダイカスト(ダイキャスト)製品の量産を行っております。

量産

ダイカスト


「工程で品質を作りこむ」のが美濃工業の流儀です。
素材検査や加工検査などさまざまな検査を経て、よりよいダイカスト(ダイキャスト)製品をお客様へ供給できるように品質保証体制を充実しています。

品質保証


ダイカスト(ダイキャスト)製造工程を経て成形されたダイカスト(ダイキャスト)製品は、工作機械による加工を施され、ECU用ケースなどの最終製品に仕上げられます。
その後、出荷検査を終えたダイカスト(ダイキャスト)製品は国内外に納品されます。