トップページ > 技術情報 > シミュレーション

理想的な形状を目指して

シミュレーション(ベリカット)やCAM、画像検査などを用い、早い段階から製品作りこみを行います。

製品形状検討、製造ライン検討

樹脂造形

樹脂造型機により、まだ形のないダイカスト(ダイキャスト)製品を簡易的に形にする事が可能です。

検討段階ではこの樹脂品でより具現化された形状検討が出来ます。

その他に工程内の冶工具等の検討にも大きく活躍するモノです。

樹脂造型機を使用し、樹脂造形サンプルを作成、形状検討を行えます。

樹脂造形サンプル

樹脂造形サンプルを使用することで細部を確認出来、工程内の治工具等の検討にも大きく活躍します。

樹脂造形サンプル


流動解析データ活用

ダイカスト(ダイキャスト)において流動解析は一般的に使用されています。

美濃工業でも形状・方案検討、不良対策と製品をダイカス(ダイキャスト)ト化する上で活躍します。

一般的な方法ではありますが、美濃工業には解析データによる湯流れの推測や欠陥の予測など、長年の経験をフルに活かして解析を活用した検討を行なっています。

湯流れ検査で欠陥の予測を行います

湯流れ検査

流動解析データで形状・法案検討、不良対策を行います

流動解析データ


加工技術

受注活動時よりシミュレーションを使った加工検討を行います。

デバックを最小限に抑え、生産ライン立上期間の短縮が可能です。

軸間ピッチ1/100(航空機部品と同等)の高度な加工技術を持ち、公差の厳しい加工にも対応しております。

CAM(ベリカット)を使用し加工シミュレーションを行うことで、加工時の干渉、削りすぎなどを事前に検証しデバックを最小限に抑えて生産ラインの立ち上げ短縮を行います

CAMによる加工シミュレーションで加工時の干渉、削りすぎなどを事前に検証

生産準備、ライン立ち上げ

生産準備の工程においては決まった形状で金型製作~製品完成までの工程を準備します。

美濃工業内の生産準備規定に従って、安定したダイカスト(ダイキャスト)製品の量産が行えるように生産準備を進めます。

1:加工工程

加工工程

2:加工

加工

3:洗浄

洗浄

4:画像検査

画像検査